『GSMとLUNAエイジングケアセット』

以前から萎縮性腟炎と診断されている病態を、2016年に米国更年期学会と国際女性性機能学会がもっと概念を広げて定義しなおしたのが、GSMです。genitourinary syndrome of menopauseの略称で、日本語訳は、閉経関連尿路生殖器症候群です。

閉経による性ホルモン分泌低下によって生じる尿路生殖器の萎縮等の形態変化
およびそれに伴う不快な身体症状や機能障害の総称で、
GSMは慢性かつ進行性の疾患で、閉経後女性の50%が罹患している進行性の疾患であるGSM(閉経関連泌尿生殖器症候群)は女性のQOL(生活の質)を大きく低下させています。具体的には、外陰部乾燥感・灼熱感・かゆみ・痛み・頻尿・尿失禁・膀胱炎の繰り返し・性交痛などの症状があります。

GSMの治療には、骨盤底リハビリテーション/外陰・腟への性ホルモン投与/フラクショナル炭酸ガスレーザーの定期的照射などが有効です。しかしその前段階としてGSMの予防が、閉経後多くの女性に必要です。予防には、骨盤底トレーニングと保湿・栄養クリームを外陰・腟部へ塗布することによって乾燥を防ぎ、血流を維持することが必要です。

そこで当社ではGSMの治療、日々のケアの為にLUNAエイジングケアセットを販売しました。セットの中身は、泌尿器科医 関口由紀医師プロデュース、更年期以降に必要な抗酸化物質含有の外陰・腟専用美容液LUNAPRIDE スキンプレミアムとLUNAPRIDEアディショナルオイル(医薬部外品、微量のエストラジオールを含有)の2種類です。 関口医師は、この2つを掌で混ぜてから使用すると、皮膚のヒリヒリ感などの副反応を最小限にしながらGSM予防改善効果を上げられることを発見しました。

商品は、「人生100歳時代の全ての閉経女性に使用してほしい、決定版アイテム」と自負しております。

医療機関への卸売販売を承っております
詳細は、ウーマンズサポート関口 lunapride.shop@gmail.com
までご連絡ください